【ワークライフスタイリストの未来】ワークライフスタイリストとして活動する。〜CASE3:上野 明菜さん〜

ワークライフスタイリストの未来
ワークライフスタイリストの未来

ワークライフスタイリストとして活動する。

 

CASE3:上野明菜さん

ワークライフスタイリスト/ワークライフスタイリストジュニア認定講師

(ワークライフスタイリスト養成講座4期卒業生)

(ワークライフスタイリストジュニア認定講師養成講座2期卒業生)

 

ワンオペ育児ママ×ワークライフスタイリスト?!家族を大切にしながら、自分の人生も生きられる♡

 

 

超多忙のワンオペ育児ママが、笑顔を取り戻した理由。

 

 ワークライフスタイリストとして、ワンオペ育児ママ向けにセッションなどを行っています。かくいう私も週5で働いているワンオペ育児ママ。主人は平日土日関係なく仕事をしていて帰りも遅く、たまの休みは夕方まで寝ていることがほとんど。家事と育児は、ほぼ私一人でこなしています。

 

 今もこの状況は変わりませんが、全然辛くありません。それは、“夢中になれること”を見つけたからだと思います。今までは、「パパが子どもの面倒を見てくれない」「ママ友のパパは子どもをお風呂に入れてくれるのに」など、「パパが私を幸せにしてくれない」と考えていたところがありました。でも、起業にチャレンジして、ブログを書いたり、セッションをしてみたり、自分がやりたいことを無我夢中でやっていたら、主人にイライラすることがなくなった。休みの日に遅くまで寝ていても、気にならなくなったんです。ワンオペ育児であることは変わっていないのに、不思議ですよね。

 

 私が文句を言わなくなったから、主人も好きなだけ仕事ができるようになったし、そのおかげかどうかはわからないけれど、お給料もぐんぐん上がっていきました。自分に集中していたら、周りが勝手にいい方向に動き出したんです。

 

 ママたちは好きなことを忘れて、仕事や家事、育児をいつも頑張っています。でも、小さなことでいいから、好きなことを思い出して、生活に取り入れてみて欲しい。そうすると、家族にも笑顔でいられるし、子どもと遊ぶのももっと楽しくなります。私の個人セッションを受けてくださったお客様も、軽い気持ちで好きなことにチャレンジする方がたくさんいます。家族を大切にしながら、自分の人生を楽しむ。これからも、そのお手伝いをしていきたいですね。

 

休みの日は子どもたちと公園にお出かけ♡

 

 

どんな人だって、ワークライフスタイリストになれる!!

 

 会社の仕事や家庭の状況に合わせて、無理せず活動を続けられるのが、ワークライフスタイリストのいいところだと思います。私自身も第3子を妊娠している時は、体調が安定するまで活動をお休みしていました。休んでいても声を掛けてくださるお客様がいて、とてもうれしかったです。

 

 実は、SNSで「お茶会をしました」「対面セッションをしました」といった投稿を見て、うらやましいと感じていたことがありました。週5勤務でワンオペ育児の私には、休みの日でも子どもを置いて何かをすることが難しかったんです。でも、オンラインやメールでセッションしたり、LINE@をこまめに配信したり、外に出かけなくても、家にいてもやれることはたくさんある。今の環境でもできることがあるとわかった時に、改めてこの活動の楽しさを感じました。

 

 会社で働いていても、ワンオペ育児でも、妊娠中でも、自分の心地良いペースで活動を続けられる。ここにワークライフスタイリストの可能性があると思います。

(取材・執筆:ひさとみなつみ)

 

上野明菜さんブログ

https://ameblo.jp/akkie-na/

concept

当メディアは、
ワークライフスタイリスト®が運営する
多くの方に、たくさんの働き方・生き方の選択肢を与え、
「見たことがなかったけれど、でも見てみたい!」
と思える未来をご提案するメディアです。

よりあなたらしいワークライフスタイルに
出会える場となりますように…

SERVICE SERVICE ご提供しているサービス一覧です。
サービス別、課題別でお選びいただけます。