働き方を変えたいなら、まずは、○○から!

働き方を変える
働き方を変える

 

ワークライフスタイリスト®で、

ノーラブ・ノーマネー コンサルタントの平井祥子です。

 

 

 

私は今、自営業という形で働いています。

(要するに、起業しています!)

 

しかし実は、、、

 

私は学生の頃から

会社員として一生を捧げるつもりでいたのです!

(捧げるって…表現!笑)

 

 

憧れのキャリアウーマンに♪

 

私は、学歴社会の荒波を乗り越え、敷かれたレールの上をひた走っていました。

 

それを別に、嫌だと思ったことはなかったです。

氷河期だった就活も頑張り、

希望の会社の内定を頂くことが出来ました!

 

 

これから夢に見たキャリアウーマンとして生きていくんだ!

ワクワクでいっぱいでした。

 

 

そして、大学を卒業し就職した私。

実はブラック企業…辟易して退職…

という話ではないですよ!(笑)

 

 

ご期待を裏切っていたら申し訳ないですが、

会社員の私は、超ハッピー

 

 

なぜなら、夢にまで見ていた「自由」を手に入れたからです。

 

憧れの横浜での一人暮らし。

優しくて、いつも笑わせてくれる同僚たち。

厳しくも愛のある、面白い先輩たち。(でも、仕事は超できる。今でも尊敬!)

 

 

慣れない仕事は大変だったけれど

とても優しい会社で、

有給も全部取れましたし、

定時退社日までありました!(エンジニアなのに!)

 

 

そんな私の当時の座右の銘?は、

敢えて表現するなら

「稼いで、使って、自由な私」

といったところでしょうか。

 

 

稼いで、使って、自由な私

充実の日々。

仕事は大変でしたが、やりがいもありました。

 

 

プライベートでは、

遠恋中の恋人に会いに毎月旅行に行っていましたし、

(午後休とか、2時間休もらって金曜日に飛んでました!

先輩、仕事のフォローありがとう!泣)

 

姉や同僚との海外旅行やスノボ旅行も楽しい思い出。

 

アルコールも嗜んでいましたので、

私の家や青山や表参道の素敵なお店(グルメな友人チョイス)で女子会をしたり…

横浜はオシャレなお店も多く、お買い物も楽しかった!

(あと、横浜のホットヨガにハマり、ジムにも通って体を鍛えていました)

 

 

中学生や高校生の頃に

「こんな自由と仲間を手に入れたい」と願ったことが

ほぼすべて叶っていたのではないかな?

 

 

 

 

 

そんなハッピーな生活を手放すことになったのは、

 

ズバリ、「結婚」!!!

 

 

 

そうです、遠恋中の彼とゴールイン!

 

 

充実した生活の全てを置いて、彼の待つ四国へ。(彼以外に知り合いゼロ~)

 

こんなに充実したハッピーな生活やキャリアより、彼を選ぶという結果に。

 

 

 

結婚後の私

彼は転勤族だったので、始めはすぐに関東に戻る…かも…と聞いていたのに、

どうやらご縁があったようで

私は8年も四国にいました!

(笑。誰も知り合いがいなかった四国が第二の故郷に~♪)

 

 

 

その後、再就職したり、妊娠と出産、

また主人の転勤があったりで、紆余曲折

(このへん長くなるので、省略。

 え?詳しく聞きたい?本気で長いのよ?笑)

 

 

 

今は、大阪でファイナンシャルプランナーとして開業しています。

 

(ワークライフスタイリストとしても女性を応援する活動をしています。

宮本佳実さんの『クラブヨシミスト関西コミュ』のサブリーダをしています!

ぜひイベントに遊びに来てください♪)

 

 

 

どうやって、働き方を変えたの?

​​​​​​​

 

私は働き方を、180度、変えました。

今は、オンラインメインでお仕事をしているので、自由度が高い!

こんな風に働けるなんて、夢にも思っていませんでした。

 

 

だって、ずっと会社員として一生を捧げるつもりでしたからね!(笑)

 

 

会社員をしていた時は、こんな働き方があるなんて知りませんでした。

 

 

 

私が今、このような働き方を選んだのは、

色んな働き方があると知ったから。

 

知らないと、目指すこともできません。

 

 

時代と共にインフラも発達し、

個人でも驚くほどいろいろなビジネスにチャレンジできる。

「働き方を選べる」時代になったのかもしません。

 

そんな今、あなたは、どんな選択をしますか?

 

 

 

会社員も好きだった

 

いろいろな外的要因があって、働き方を180度変えることになった私ですが

ただ、会社員としてあのまま同僚たちと働いていたとしても、

幸せだっただろうな、とも思います。

 

女性の少ない職場だからこそ、女性に優しかったので、

子どもがいても働いていたのではないでしょうか。

(実際、同期の女性は小さな子どもが2人いても、

バリバリ働いています!カッコいいキャリアウーマンです)

 

女性は、ライフステージによって

妻だったり、母だったりと

役割を求められることもありますが、

上手くバランスを取って、臨機応変に働くのもアリだと思っています。

 

あなたが望むなら、ね!

 

 

今日のまとめ

そう。

働き方を変えたいなら、まずは『知ること』から始めましょう!

 

 

このワークライフスタイルメディアでは、

様々な働き方をする私達ワークライフスタイリストの

働き方・生き方を知っていただくことができます。

 

 

起業している女性、

会社の中で自由に自分の好きな活動をしている会社員の女性、

副業という形で自分の「好き」を仕事にしている女性、

お家で働くスタイルを確立している女性など。。。

 

 

たくさんのワークライフスタイリストがいますので、

あなたがこのメディアの記事を読み、知っていく中で

「コレだ!!」というものが見付かるかもしれません。

 

 

それは、どんな働き方かな?

これから見るであろう知らない世界に、ワクワクしませんか?

 

 

この出会いも、運命なのかも!

 

 

 

 

あなたらしく、素敵な人生を歩んでいけますように。

 

 

頑張る女性を応援しています!

 

 

 

 

 

concept

当メディアは、
ワークライフスタイリスト®が運営する
多くの方に、たくさんの働き方・生き方の選択肢を与え、
「見たことがなかったけれど、でも見てみたい!」
と思える未来をご提案するメディアです。

よりあなたらしいワークライフスタイルに
出会える場となりますように…

SERVICE SERVICE ご提供しているサービス一覧です。
サービス別、課題別でお選びいただけます。